【TSUMORI CHISATO】が事業終了。

このニュースを見た時衝撃だった。
高校生から大学生時代、社会人時代と好きでよく買っていた。
刺繍の綺麗なニットや、プリントの華やかなスカート。
色々あったなぁ。小物もたくさん。
フクロウの赤いナッパ革の小物入れ。
今も姉が使ってるなぁ。
私は1度買ったら10年以上のおつきあいはするから。。。。
こういった長持ちのブランドが無くなってしまうのは悲しいと思う。

ツモリ関連の記事を見ていると。
ツモリを追っていた世代は40代、今の時代ガーリーで個性的なスタイルを追求するのは厳しい。
【ファストファッションで育った若い世代は、値段が高くて個性的な服にそれほど価値を求めない】
これは厳しいけれど、事実なんでだなと。
リンカのブランドですら終了してしまったし。
ユニクロやGUは本当にお安くデザインも良いと思うと。勝てないなぁと思ってしまう。。

ユニクロの「生活をよくする服」というのはとっても素敵だと思う。
けれど、個性入らないというのは聞いているとさみしいなぁと思う。

世の中かが変わって行くときに付いてゆけそうにないなぁと思ったなぁ。
流行は大事だけれど、そればっかりも嫌だと思いました。

yojibee